レディースファッションとの対比

もともとファッション誌などのメインはレディースでしたが、今でこそおしゃれな男性はかなり増えているものの、一昔前までは女性のように洋服へこだわりを持つという男性は少なかったためファッション市場の中心は女性にありました。

しかし、現在においては女性ほどではありませんが、メンズファッション市場というのもかなり拡大してきており、専用の情報誌や特集なども多く組まれるようになり、男性にも洋服を着こなすセンスなどが求められるようになってきています。

メンズファッションもレディースファッションと同様に様々な系統があるので、人によって楽しみ方もいろいろあります。

人の印象を決める要素で大きいのは見た目ですが、顔や体型などだけでなく洋服というのも印象がかなり変わってくる要素となっていて、例えばきれい系の服を着ている人は落ち着いていて繊細というイメージを与えて、HIPHOP系だと少し怖い印象を与えます。

もちろん服装と人の内面は分離して考えるところで、実際に洋服通りのイメージである人というのはそこまで多くないと思いますが、それほどファッションのスタイルに対して定着しているイメージは大きい部分があります。

これは女性に対しても同じことが言えますが、男性も女性も共通して言えるのは不清潔な恰好をしているとそれだけで印象をかなり落としてしまうという点で、見た目が良くてもファッションの悪さから知らない間に幻滅されてしまうことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加